このページの本文へ
ここから本文です

9割が脳トレに興味「あり」 DS利用者の”脳トレ”経験率は8割超

2006年3月10日

日経BPコンサルティング 調査第一部 相山幹子

即問速答!第27回目は「脳トレ、してる?」がテーマです。
 携帯型ゲーム機の「ニンテンドーDS」が2005年末に国内販売実数600万台を突破するなど、人気を集めています。この背景には、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」や続編の「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」、「やわらかあたま塾」といった“脳トレ”(頭脳トレーニング)系のソフトが、女性や中高年など、従来とは違った層に受け入れられていることがあげられるようです。
 あなたは、こうした “脳トレ”に興味はありますか。また、実際に“脳トレ”ゲームをしたことがありますか。今回は、 “脳トレ”への関心度合いから、利用経験、満足度までを聞きました。

9割が”脳トレ”に興味が「ある」

まず初めに、ゲームに限定せず、 “脳トレ”(頭脳トレーニング)全般に興味があるかどうかを聞きました。興味が「ある」と回答した人は9割。「毎日やれば、体の体操のように効果がありそう」(44歳/男性)、「遊び感覚で楽しめそうで興味あり」(60歳/男性)と、脳の活性化という実用性と、ゲーム感覚の娯楽性の2つの側面を持つことへの期待感が高いようです。

3人に2人が、「パソコン」や「ゲーム機」で”脳トレ”したい

”脳トレ”に興味が「ある」と回答した1322人に、どのような方法で”脳トレ”したいかを聞いたところ、「パソコンで」と「ゲーム機で」がともに66%で最多。次いで、「書籍・雑誌で」(50%)、「その他のゲームで」(14%)、「その他の方法で」(6%)の順。「その他の方法で」として携帯電話を挙げた人も目立ちました。

next: 利用経験のある携帯型ゲーム機…

(全 3 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る