このページの本文へ
ここから本文です

伝統的な古民家は“宝石”日本人はなぜ捨てて砂利を拾うのか〜建築デザイナー カール・ベンクスさん(1)

2008年9月24日

(伝農 浩子=フリーライター)

 歴史の重みを支えて、どっしりと建つ日本の古民家。町並み保存運動やエコロジーの観点からも、近年、見直されてきている。そんな中、30年以上も前から、つぶされる日本民家を解体し海外で再生。15年前からは自ら再生した古民家に住み、日本国内で古民家再生活動を続けているドイツ人がいる。ベルリン生まれのカール・ベンクスさんは、美しい棚田でも知られる新潟の山村に住み、不便とも思えるその地に事務所を構えた。再生した民家は国内だけでも、自宅を含め30軒を超える。

木造は弱くない、地震でも倒れなかった瓶

カール・ベンクスさん(Karl Bengs)
(会社ホームページはこちら

日本の古民家再生に長く携わるドイツ人の建築デザイナー、カール・ベンクスさん。いちばん好きな場所は、自宅リビングの隅っこにあるベンチだと言う。そこからは、露出した梁から、茅葺き屋根の裏側まで見える。

「この家は本当に飽きないんです。ここから見る骨組みは本当に良くできている。木目まで美しい。再生して15年経った今でも、こうやって眺めているだけで幸せになります」

上越新幹線の越後湯沢駅でほくほく線に乗り換え、いくつもの長いトンネルをくぐって辿り着く山間の町、松代(まつだい)。駅から車で15分ほど入ったところに、ベンクスさんの会社カール・ベンクス&アソシエイトと自宅がある。

自宅であり、日本での最初の再生古民家「双鶴庵」(左、拡大)。右は解体前

(全 5 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る