このページの本文へ
ここから本文です

簡易アンケート

あなたのクレーム体験を基に以下の10問へご回答ください。体験がない場合、より近いと思う選択肢を選んでください。

※それぞれの質問にお答えいただけるのは一度のみです。

【Q1】クレームは増えていますか?

【Q2】金品を要求されて応じたことは?

【Q3】クレーム対応に時間を取られ、仕事に支障を来したことは?

【Q4】クレームの研修を受けたことがありますか?

【Q5】職場にクレームを一括する窓口がありますか?

【Q6】職場にクレーム対策のガイドラインはありますか?

【Q7】あなたの周囲に、クレーマーはいますか?
「クレーム」とは、(故障品の代替を要求するなど正当な理由以外の)金品を要求するか、相手が困るのを愉しむための訴えと関根氏は定義しています。この定義による行為をする人をクレーマーとします。

【Q8】あなた自身、クレーマーとなったことは?

【Q9】クレーム対応で自分なりに工夫していることはありますか?

【Q10】クレームをうまく処理した体験がありますか?

記事にコメントがつけられるようになっています。「ある」とお答えになった方、あるいは思い出深いクレーム対応・処理体験をお持ちの方、ぜひ教えてください。

鈴木 ウサ

フリーライター。消費動向やコミュニケーション問題をテーマとしている。

(全 5 ページ中 5 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る