このページの本文へ
ここから本文です

始まった麻生vs小沢の決戦 勝負の分かれ目はリアリティ

2008年9月25日

麻生内閣がスタートした。内閣の顔ぶれについては、民主党と政権を争う内閣のわりには地味だ、という声もある。

しかし、地味もなにも、他に人がいない。これが今の自民党なのだ。

今回の総選挙に関して言えば、麻生さんとあとの3人は仲間で、敵は小池百合子さんだけだった。だから初めから麻生さんは小池さんを入閣させる気はなかった。

実際に、石原伸晃さんも幹事長代理になり、小池さんだけが入らなかった。

唯一の“賊軍”だった小池さんはそれを知っているから「入らない」と言った。入れてもらえかったというよりも自分から「入らない」と宣言した方がかっこいい。それだけの話だ。

どちらが政権を握るのか
今国会は天下分け目の戦い

いきなり国会が始まるわけだが、僕は、今度の国会は久々に面白いものになるのではないかと、非常に期待をしている。

僕と同じように、多くの国民が期待をしていると思う。

もし、自民党、民主党がこの期待を裏切るようなことをすれば、裏切った方が負ける。

新聞を見れば、「いつ解散をするのか」とか、「選挙は10月26日か、11月2日、11月9日か」、などという話ばかり出ている。あるいは、「補正予算を上げてから解散するのか、上げる前に解散するのか」という話ばかりしている。

どれも、どうでもよい話ばかりだ。国民が期待しているのは、そういうことではない。

(全 8 ページ中 1 ページ目を表示)

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る