このページの本文へ
ここから本文です

小沢民主党は反撃できるか

2008年10月2日

(田中 秀征=福山大学教授)

船出したばかりの麻生太郎政権は、さながら暴風雨にさらされている感がある。

しかし、今のところ船長は、持ち前の気力で被害を最小限に食い止めて乗り切っている。どうやら首相はピンチをチャンスに変える感性や決断力を持ち合わせているようだ。

麻生政権は先制攻撃型の武闘派政権

組閣後、早々に中山成彬国交相の失言事件に見舞われたが、同相の辞任(実質的には解任)も手遅れにはならなかった。

また、「任命責任」をあっさりと認めて、野党の矛先も巧みにかわした。

米国の金融危機ばかりでは、解散日程の変更に至らなかったが、米国下院の金融安定化法案の否決という事態に乗じて一気に解散を引き延ばすことに成功した。これで自分の思い通りの政治日程を確保したのである。

さらに、所信表明演説もきわめて異例で、独自色を打ち出した。おそらく、演説の大半は自らの手によるものだろう。

本来、所信表明演説は、国民に向かって行われるもの。だが、麻生演説は、国民に向かってではなく、野党、特に民主党に向かっている印象が強かった。

政権発足後、未だ10日足らずだが、麻生政権は先制攻撃型の武闘派政権のように見える。また、現在のところそれがある程度成功し、政権の勢いも強まっているようだ。

(全 3 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る