このページの本文へ
ここから本文です

北京オリンピックに思うこと

2008年8月28日

(田中 秀征=福山大学教授)

北京オリンピックがようやく終わった。寂しいとも思うがありがたいという気持ちもある。

というのは、本の執筆に専念する予定の期間が、ちょうどオリンピックに重なってしまった。テレビのオリンピック中継に目が釘付けとなり、筆が一向に進まなかったからだ。

開催2年前まで盛り上がらなかった東京五輪

ところで、日本選手団の成績は金メダルが9個。アテネの16個に比べると少ないが、私は前回に負けないほど頑張ったと思っている。

終盤の野球とソフトボールは対照的な結果に終わったが、ソフトボールの金メダルの感動が大きかったので、差し引いても歓びのほうが大きい。

こうした結果となったのは、やはり「ハングリー」の度合いが野球よりもソフトボールの方が強かったのだろう。練習環境が整っているからといって勝てるわけではない。むしろ逆の場合が多いかもしれない。いくらデータを集め科学的な(?)練習をしても、必死な人や国に勝つことは難しい。

考えてみると、政治の世界、経済の世界でもまた他の分野でも大きな事業を達成した人にはハングリーな人が多かった。

私は、国中が1964年の東京オリンピックに向かって盛り上がっていく中で学生生活を送った。だが、開催の2、3年前まで、それほど国民の関心は高くなかったと記憶している。

いわゆる“60年安保紛争”などで、少なくとも2年前の62年まではオリンピックどころではなかった。

(全 3 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る