このページの本文へ
ここから本文です

争点がぼけた都知事選、議論されなかった「東京の暮らし」

2007年4月12日

(田中 秀征=福山大学教授)

東京都知事選挙は、石原慎太郎知事が、2位の浅野史郎候補に大差をつけて3選を果たした。

浅野氏は敗北後、「予想より大きな負け方になった」と語っているが、私はそうは思わない。ダブルスコアにはなると予想していたから、結果は浅野氏の善戦だとさえ思っている。また、彼だからここまで迫ることができたのだとも思う。かねて私は、今回の都知事選で石原氏に対抗できる人材の筆頭に浅野氏を挙げてきた。

それでは浅野氏はなぜ「大きな負け方」をしてしまったのか。主たる敗因を考えてみたい。

「政党隠し」の負の影響は浅野氏に大、スポークスマンが必要だった

まず浅野氏は、彼と同志的な関係にある著名人が集まる『十人委員会』のようなグループによって擁立されるべきだった。『十人委員会』は浅野氏と一心同体のいわば“無党派の本丸”となりえた。堅固な本丸を築けば、内堀や外堀で、政党あるいは組織が強力に援護しても拒む必要はない。政党や組織がエゴを通そうとしても、「十人」がそれを難なく突き放してくれる。おそらく浅野氏もそういう選挙をひそかに望んでいたに違いない。 しかし、民主党の出馬要請が先行したことによって、このシナリオの展開は困難になってしまった。それでも浅野氏は意地を通そうとしたので、出馬の経緯は中途半端で分かりにくいものになったのである。

選挙では石原氏も浅野氏も同様に「政党隠し」のそしりを受けた。だが、それによるマイナスの影響は同等ではない。

石原氏は良し悪しは別として、政府や自民党と激しいケンカをした多くの実績がある。一方浅野氏は民主党などに動かされるような人ではないにせよ、都民はそう確信する判断材料を持ち合わせていなかった。しがたって「政党隠し」によるマイナスは、浅野氏のほうがはるかに大きい。

選挙前から気になったのは浅野氏には優れたスポークスマンがいなかったこと。同氏の人柄や主張、実績をうまく説明できる人。本人が言えないこと、言うべきでないことを本人に代わって言う人。そういう人がいないから、本人が「勝手連をつくってくれ」と言わねばならなくなる。それでは勝手連はできないことを都民は知っている。そういう戦術、戦略面に対する都民の戸惑いも小さくはなかった。都民の大半は、今まで浅野氏をよく知っていたわけではないから、なおさら彼の人格や主張を浮き彫りにするスポークスマンが必要であった。

(全 2 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る