このページの本文へ
ここから本文です

日中双方の会社が山梨県で繰り広げる「中国人女工哀史」

2008年9月16日

8月22日の早朝、山梨県昭和町の一角では鋭い悲鳴が響き渡った。そこの2階建て建物のなかで10名ほどの男女がもみあいになっており、数名の中国人女性を無理やり引きずり出そうとしていた。女性たちはテーブルの脚などに必死にしがみついて連れ去られないよう抵抗しながら、大声で助けを求めていた。中国人女性が、自分たちは日本へ働きにきた技能実習生で、劣悪な労働条件と環境に耐えられないので会社側に改善を求めたところ、社長ら数名が朝早くに宿舎に乗り込んできて自分たちを強制的に帰国させようとしている、と訴えた。

この女性労働者は湖北省黄石市の出身で、2005年12月に黄石市の“東創境外就業有限公司”(以下、東創とする)の派遣で、婦人服及び子供服の縫製という名目で来日した。しかし、実際には、昭和町にあるテクノクリーンというクリーニング会社に派遣された。

彼女たちは毎日10数時間もの労働を強いられ、給料は月わずか5万円だった。残業代は形ばかりであった。土日もなく、日本人従業員が休暇をとる正月休みすらも与えられずに働かされていた。07年9月から08年3月までの半年間で、休みはたったの3日であった。過度の疲労から、ある女性は深夜に自転車で帰宅する途中に転んで怪我を負った。しかし、会社は病院に「スーパーに買い物に行ったときけがした」とウソを言い、労災である事実を隠ぺいした。

外国人研修・技能実習制度の監督機関である財団法人国際研修協力機構の担当者が巡回チェックに来たとき、不当に安い賃金で彼女たちを酷使していることが明るみに出るのを恐れた会社側は、よそからミシンや縫製済の服を借りてきて、彼女たちにいったんその服をほどかせた後、再度縫製させてあたかも婦人服や子供服の縫製作業をしているかのように装わせた。さらに、出勤カードを偽造させ、違法な長時間残業を課しているという事実を隠匿した。また会社側は、残業代を含めて給料は毎月11万円、月の残業時間は法定範囲内の33時間である、という偽の証明書を書くよう彼女たちに強制した。

(全 3 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る