このページの本文へ
ここから本文です

中国の大学生、就職意識は上昇志向から生活安定志向へ

2008年9月1日

北京オリンピックが幕を閉じた。中国と米国との間では、メダル獲得数を紹介するランキングに対して微妙な戦いが展開された。中国はトップ成績を重視し金メダル獲得数を誇っているのに対し、米国は優秀な選手の層の厚さを重視し金銀銅の全メダル獲得数を誇っていた。いずれの基準も世界一位だ。オリンピック憲章では国別のメダル獲得数を順位付けすることに意味がないことを明記しているが、インターネットでは、このようなランキングを誇る風潮を嘲笑していた。

メダル獲得ランキングをめぐる水面下での米中格闘が熾烈に繰り広げられていたころ、私は北京オリンピック開催中に明らかになったもう一つのランキングに関心を奪われていた。フィナンシャル・タイムズの中国語版サイトなどが報じた、調査会社「優興咨詢」が発表したとされる2008年の中国大学生の人気就職先ランキングだ。優興咨詢は、1988年創立のスウェーデン資本のコンサルティング会社「Universum(ユニバーサム)」の中国語表記。企業の求人ブランドを高めるためのコンサルタントを主な業務をとしている。ユニバーサム社は2005年からアジアでの調査を開始した。アジア地区では香港、中国大陸、オーストラリア、インドに拠点を設けており、日本の大学生の就職先ランキングも発表している。

ユニバーサムは、中国における就職先に関する調査においてはもっとも規模があり権威をもつ調査会社として知られ、最新の2008年版ランキングが明らかになったのは今回が初めてになる。ランキングは中国語によるアンケート調査に基づくもので、中国の国家重点大学に指定されている211の大学をもとに、70の大学を調査対象に選んだ。回収されたアンケート用紙は5万人分以上だが、そのアンケート用紙をすべて厳格にチェックしたうえ、最終的に信頼できると判断された1万6815人のアンケート結果からランキングを作成した。発表したランキングは人気就職先総合順位100社と、文系学生のランキング上位10位、理系学生のランキング上位10位、商科系学生のランキング上位10位の4種類のリスト。

(全 2 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る