このページの本文へ
ここから本文です

薄中国の携帯電話が抱える“爆弾”〜安すぎる電池に要注意!

2007年7月27日

携帯電話の電池も人を死に追いやる爆弾になるのか?

2007年6月19日、甘粛省金塔県の22歳の電気溶接工、肖金鵬さんが携帯電話の電池の爆発で死亡し、人々を震撼させた。

電池爆発の原因は何か、誰がこの事故の責任を負うのか、今のところ結論は出ていないが、携帯電話の電池の安全性が注目されるところとなった。

外観はほとんど同じでも中身は異なる5種類の電池

498元、100元、55元、25元、5元!

これらはいずれも、中国最大の携帯電話と部品の集散地である深セン華強北遠望デジタルタウンと明通デジタルタウンで販売されているノキアの携帯「Nokia3250」用電池の価格だ。5種類の価格には、およそ100倍もの大きな開きがある。

また、外観がよく似たこれらの電池に、価格やメーカーの違いにより、それぞれの「呼び名」がある。すなわち、「純正品」「準純正品」「高級模造品」「正規互換電池」「工場出荷品」である。

卸売業者や仕入れ業者、一般消費者で込み合う広い売り場では、千を超える大小さまざまなカウンターに商品が並んでいる。その中で最も目につくのが携帯電話の電池だ。買い手はその場で値段交渉して、キャッシュで支払い、領収書も要求しない。

純正品の購入率は1%以下

「正真正銘の純正品を気前よく専売店から買う人はあまりいない。うちの店にも純正品はある。たったの100元だ」。明通デジタルタウンで国産の携帯電話電池の卸売、小売、回収業務を営んでいる経営者は、記者に熱心に商品を勧めた。

彼は、これらの電池には正規のシリアルナンバーが張ってあると言い、「携帯電話メーカーからライセンスを取得しているため、検査にも完全に対応できる」と断言した。値段が高いのを嫌う顧客がいれば、その経営者はすぐに「高級模造品」を買うよう勧める。同業者が比較的良質かつ安全と認めるものだ。顧客のニーズに応じて、高級模造品はさらに「55元のスーパー容量仕様」と「25元の一般仕様」の二つのランクに分かれる。

(全 4 ページ中 1 ページ目を表示)

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る