バックナンバー一覧▼

現実主義に目覚めよ、日本!

第72回
「日本になろう」としている米国

東京財団前会長 日下 公人氏
2008年2月29日

 これからの世界情勢に、仮に副題をつけるとすれば「反転する米国」である。米国では今、さまざまな揺り戻しが起きている。

 ところが、日本ではいまだに、米国の後を追いかけるのがよいことだと信じている馬鹿なエリートや支配階級がいる。彼らは、米国がグローバル化、合理化を進めてきたのを見て、日本も同じことをすべきだと言っている。

 日本がそんなことをしていると、揺り戻しで戻ってくる米国とすれ違うことになる。日本は「米国になろう」として、米国は「日本になろう」としている。

 日本のエリートもみんなが馬鹿なわけではないから、米国の真似をせよと言われても、必ずしもすべてそうはならない。むしろ、日本の方が真似をされる時代が始まっている。そうなってくると、米国の考え方の影響をもともと受けなかった日本国民は、だんだんと自信をつけてくる。

 日本人が自信を回復することは、「保守回帰」とか「ナショナリズム」とか「日本化」といわれる。学者や言論人、マスコミのほとんどは、そうした傾向を批判するが、彼らはやがて国民に捨てられるだろう。

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

 
 

SAFETY JAPAN メール

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。