バックナンバー一覧▼

現実主義に目覚めよ、日本!

日本にある孔子学院は中国の謀略だ

 わたしの中国観は他の人とまるで違うから、過激な議論に思えるかもしれない。例えば先日の温家宝首相の来日についても、あまり他の人が指摘しないような見方をしている。

 温家宝首相は、日本の国会でのスピーチはさっさと切り上げて京都へ行った。立命館大学で、学生とキャッチボールをして、その映像がテレビに流れた。日本人の学生が「孔子学院を中国が寄付してくれたので、儒教を学べて大変よいことです」などと話していた。それをテレビが放送したことが、温家宝首相の訪日の最大の成果である。

 中国は、中国語と中国の考えを世界に広めるために、孔子学院を世界100カ所につくると言っている。教授は北京から送り込むのである。それを日本では、立命館大学をはじめとする六つの大学が受け取ると表明した。中国の謀略を受け入れるのだ。

 そういう大学に対しては、私学補助金を打ち切ればいいと思う。私学補助金は国家から出ているのだから、中国の謀略を受け入れるなら、日本国からは受け取らないでくれと言うべきだ。

 もしくは、中国の大学にも、同じ数だけ日本学院をつくるべきだ。こちらから対等に相互乗り入れを申し込まなければいけない。

 そんなことを誰も思い付かないのだろうか。単に日中友好親善と思って喜んでいるのだろうか。単なる友好親善などは、対中国においては考えられないことだ。そうした認識を持って、中国と接するべきである。

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

 
 

SAFETY JAPAN メール

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。