バックナンバー一覧▼

現実主義に目覚めよ、日本!

第62回
知、情、意がそろってインテリジェンスになる

東京財団前会長 日下 公人氏
2007年7月12日

 わたしは人と違うことを思いつくらしい。その結論だけを短く雑誌などに書いているが、なぜこうなるのか分からないという読者がいる。読者は「話は分かった。でも本当にこんなことを考えてもいいんですか」と言う。

 例えば先日、中国の温家宝首相が来日した。それについて、新聞などの解説は底が浅い。そのうえ、日本次第で中国が変わる時代がきているのを見落としている。そこでわたしは普通のことは書かずに、「中国に対して日本はこうせよ」と書く。

 すると読者は「中国のことをそんなに悪く考えていいんですか」と言う。わたしは「悪いと思うのは日本人の考えで、中国人はむしろ褒められたと思っていますよ」と答える。中国と日本はそのくらい考え方が違う。

 日本人の考え方では悪口になるが、中国人にとってはそれが当たり前の場合がある。彼らは「やっと日本人は気付いたか」と言う。わたしはそれを指摘しているのだが、なかなか賛成してくれる人はいない。

 中国人はかつて、人間を料理して食べていた。中国には何千年も昔から人間料理というものがあり、あるとき親孝行の娘は、父親が偉い人を接待するときのパーティで、油が煮えたぎった鉄の大鍋にヒラリと飛び込み、自ら丸揚げになって食べてもらった。そして父親が出世したという話が親孝行の模範例になっている。真似をする娘がたくさん出たので禁止令が出たらしい。

 だから、わたしが「中国人は人間を食う」と書いても、中国人は怒らない。日本人だけが驚く。ヨーロッパにもその習慣はあった(マルタン・モネスティエ著、大塚宏子訳『図説 食人全書』(原書房)をご覧ください)。国際感覚を磨くとか相互理解とかはここまでいかねばならない。

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

 
 

SAFETY JAPAN メール

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。