バックナンバー一覧▼

現実主義に目覚めよ、日本!

第44回
世界中の思想を吟味してつくられた日本思想

東京財団前会長 日下 公人氏
2006年11月16日

 日本人の常識やセンス、心得、教えには、神道+道教+仏教+儒教+景教と、様々な要素が入っている。さらに明治維新以後は、アカデミズム崇拝の考えも入ってきた。

 そして戦後は「国連教」とでもいうべきか、国際社会のすることに日本は逆らわずについていかなければいけないという考え方も入ってきた。それらを全部合わせた民間信仰が出来上がっている。

 こうした民間信仰は普通の日本人の共通の常識であり、共通のセンスであって、「宗教」と呼ぶべきかどうかはまた問題がある。

 しかし、いずれにしても日本人はそういう考え方を持っていて、それは新宗教と言ってもいいくらい、世界でも他に類のないものだ。それは、日本が発明した最も普遍的な世界思想だともいえる。

 なぜ普遍的かというと、そこには世界中の思想が材料としてすべて入っているからだ。世界中の「世界思想」をすべて輸入して、それらを混ぜ合わせて、約2000年もの間、同じ民族が咀嚼(そしゃく)し、吟味し続けてきたのだから。そういう思想は世界中、どこにもないと思う。

 日本が特徴的なのは、一神教に支配されなかったことで、一神教は、「我が仏 尊し」だから、他の思想を絶滅させてしまう。だから、一神教の“ウイルス”に襲われた地域は、昔からの思想がすべて消されてしまうのである。

 ところが、日本は一神教の侵略を受けても、大した影響はなかった。これは、日本にやってきた一神教が軍事力を伴っていなかったからだ。軍事力を伴った一神教に占領されて、政治的にも支配されるということが起こると、その民族は心が変わってしまう。その民族の伝統がなくなってしまう。だが日本ではそうしたことが起こらなかった。

 
 

SAFETY JAPAN メール

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。