バックナンバー一覧▼

現実主義に目覚めよ、日本!

第41回
「心情」から語る靖国論(4)
~戦没者の魂はどこにいくのか~

東京財団前会長 日下 公人氏
2006年10月5日

死者の魂は「草葉の陰」にいる

 靖国神社が神社である以上、死者の鎮魂は神道にのっとって行われるはずだ。そこで、神道における「死者」の考え方を知る必要がある。神道において、霊魂とは何なのか。死者とは何なのか。

 以前にわたしは神道の解釈をひろさちやさん(宗教評論家)に聞いたことがある。ひろさちやさんは仏教の本をたくさん書いている人だが、神道のことも教えてくださった。

 「神道では、人間が死んだら霊魂はどうなるんですか」と聞くと、ひろさちやさんは「人間が死んだら、魂は家の周りの低いところにいるんです」と答えた。

 わたしは「黄泉(よみ)の国」を思い起こした。道教において、死んだ人が行く黄泉の国は地下にある。その考え方が日本にも入ってきて、天照大神やスサノオノミコトなどの日本の神話の中にも出てきている。

 例えば、自分の死んだ妻が恋しくて、追いかけて地下の国まで行くという話があった。死んだ妻は地下の国にいたということは、死んだ霊魂は黄泉の国へ行くのだ。

 では、その入り口はどこかというと、ひとまず家の周りの低いところにあるという。「草葉の陰からあなたを見ているよ」というのは、そういうことなんだとわたしは思った。なお、堀一郎著の『民間信仰』には「亡魂は家の棟を離れぬ」とする地方もあると書かれている。

 
 

SAFETY JAPAN メール

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。