バックナンバー一覧▼

父親のための親力養成塾

第15回
親の言葉遣いで子どもは変わる

親野 智可等氏
2008年1月11日

 人間の成長を決定づけるものとして資質と環境の二つが考えられるが、成長過程における環境として最大のものが親の存在である。

 なかでも大きな影響を与えるものが親の言葉遣いである。親の言葉はシャワーのように毎日、子どもに浴びせかけられ、それが子どもの発想や思考形態に多大な影響を与えている。

 「環境=言葉遣い」と言っても過言ではないと思っている。

 一時期、アダルトチルドレンという言葉が取りざたされたことがあった。日本でアダルトチルドレンが増えているというのだ。

 アダルトチルドレンというのは「子どもっぽい大人」と勘違いしている人も多いが、そうではなく、子ども時代に心理的外傷を受け、それがトラウマとなって、成人してもまともな人間関係を築けなかったり、うまく感情表現できずに過剰反応する傾向が強かったりする人を指す。

 アダルトチルドレンの多くは子ども時代に暴力や言葉による親からの虐待を受けている。その心の傷を癒やしきれずに成人する。それほど親の言葉は子どもに影響を及ぼすのだ。

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

 
 

SAFETY JAPAN メール

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。