安全・安心を守る消費スタイル

バックナンバー

船瀬 俊介(ふなせ・しゅんすけ)

環境問題評論家

1950年 福岡県田川郡添田町に生まれる。
1969年 田川高校卒業後、九州大学理学部に進学。
1970年 同大学を中退して、71年早稲田大学第一文学部に入学。同大学在学中は、早大生協の消費者担当の組織部員として活躍。学生常務理事として生協経営にも参加した。約2年半の生協活動ののち、日米学生会議の日本代表として訪米。ラルフ・ネーダー氏のグループや米消費者同盟(CU)などを歴訪。
1975年 同学部社会学科卒業。日本消費者連盟に出版・編集スタッフとして参加。「消費者リポート」の編集担当、苦情処理、種々さまざまな運動に取り組み、単行本の執筆を行う。
1986年 日本消費者連盟から独立。消費者・環境問題を中心に評論・執筆・講演活動を行い現在に至る。温暖化などの地球環境問題、シックハウスなど健康問題、さらに文明論的視点から、鋭い建築批評を展開している。また、市民運動の立場から株式会社屋上緑化をスタートさせた。この間、1990年にラルフ・ネーダー氏らの招待で渡米。多彩な市民・環境団体と交流を深めている。

<近著>

『悪魔の新・農薬「ネオニコチノイド」—ミツバチが消えた「沈黙の夏」 』(三五館、2008年5月)
『知ってはいけない!?—消費者に隠された100の真実』(徳間書店、2007年11月)
『疾(はし)れ!電気自動車―電気自動車〈EV〉vs燃料電池車〈FCV〉』(築地書館、2004年7月)
『日本の風景を殺したのはだれだ?―よみがえれ!美しい緑の列島…。景観修復から経済の再生へ』(彩流社、2004年2月)
『木造革命―木の家づくりから木の街づくりへ 』(リヨン社、2004年2月)
『「屋上緑化」完全ガイド 』(築地書館、2003年8月)
『食民地―アメリカに餌づけされたニッポン』(ゴマブックス、2002年5月)
『よみがえれ!イグサ』(築地書館、2002年2月)
『この食品だったらお金を出したい!―狂牛病と台所革命〈2〉』(三五館、2001年12月)
『あなたもできる自然住宅』(築地書館、2001年10月)
『屋上緑化―緑の建築が都市を救う』(築地書館、2000年9月)
『「賢い消費者マナー」教えます 』(共著、築地書館、2000年6月)

 
 

SAFETY JAPAN メール

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。