「場当たり個人情報」から「責めの情報活用」へ

バックナンバー

田淵 義朗(たぶち・よしろう)

神戸市生まれ。1980年中央大学法学部法律学科卒。職業は情報セキュリティコンサルタント。企業からの依頼で社員の情報リテラシー教育、研修をしている。現在ネット情報セキュリティ研究会代表。ISMS、JISQなど認証取得支援以外に、企業の情報漏えいの調査や誹謗中傷問題に取り組む。日経BP SAFETY JAPAN アドバイザリーボード、コラム連載中。岐阜聖徳学園大学講師、NPO法人21世紀大学経営協会ガバナンス委員会委員。著書に『間違いだらけの個人情報保護法対策』(ナツメ社)「守秘義務契約がよくわかる本」(秀和システム)『インターネット時代の就業規則』『ネット(攻撃・クレーム・中傷)傾向と即決対策』(明日香出版社)『45分でわかる個人情報保護』(日経BP)『学校における個人情報保護』(NPO経理研究会)など。現在は情報セキュリティコンサルタントとして、幅広く活動している。

またNIS監修のDVD・ビデオ教材「社会的制裁を受けないための遵守事項」(新入社員、派遣社員、大学生向け)を使用した啓発セミナーの普及に努めている(連絡先:NIS事務局  03-3589-3815)。

 
 

SAFETY JAPAN メール

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。