バックナンバー一覧▼

「産業突然死」の時代の人生論

第170回
買いたくてウズウズしている米国民 ―― 株は底か?

経営コンサルタント 大前 研一氏
2009年4月1日

 米国FRBが発表した四半期ベースの資金循環統計によると、2008年12月末の米国民の家計資産は51兆4000億ドル(約5027兆円)であった。2008年9月末からの3カ月で約5兆1000億ドル減少したことになり(約9%の減少)、これは統計を取り始めた1950年以降で最大の減少幅である。また、この減少幅は日本のGDPに等しい。

 下の図を見ていただこう。2005年第1四半期からの米国の家計資産の推移をグラフにしたものである。

米国の家計資産の推移(兆ドル、四半期)

 これを見ると、確かにこのたび(2008年第4四半期)の落ち込みは大きい。とはいえ、見方を変えて左に目を移せば4年ほど前の水準に戻っただけであるともいえる。つまりはここ数年のバブルが是正されたにすぎない、というわけだ。米国経済が大きく傷ついたといっても、米国民の生活水準そのものがどうしようもなく悪化したわけではないのである。

 もちろん、2007年半ばごろの家計資産ピーク時に借金をした人が現在困っているというような事例はあるだろう。しかしながら大勢として困っている人は大多数ではないはずである。過去の当連載でも述べたように、中流以上の米国民は既に住宅や耐久消費財を十分すぎるほど所有しており、買い控えはおろか生活に困ったら売却すればいいという状態なのだ。米国民のマインドは基本的に「買う」「売る」であって、そこに「倹約」という思想はない。

 これは日本人とは正反対のマインドといえよう。不況ならば生産を減らし輸出を減らし設備投資も減らして、その結果として実質GDP成長率がマイナスに転じてもそれでよしとするのが日本のやり方である。そして生活はできるだけ消費を抑えてつましくやり過ごし、果てには(男までが料理学校に通って)それを楽しんでしまうのだ。この違いはどこから来るのか。それはやはり、日本人は過去20年近く不況下にあって「守る」ことを学習したからだろう。

 少々余談になるが、いま、わたしの手許には世界各国のGDPにおける生産部門の推移を示す資料がある。それによるとEUでマイナス9.3%、ロシアがマイナス10.8%、オーストラリアがマイナス9.3%、中国はプラス6.3%である。そして米国はマイナス7.3%だ。世界全体ではマイナス8.3%である中、日本はなんとマイナス22.5%である。

 この下げぶりとそのスピードの理由は、日本が「不況慣れ」しているためである。度重なる不況を経て、日本は「防災訓練」を繰り返し行ってきた。ために、地震が来たらすぐに頭巾をかぶって机の下に隠れるのが、もはや習慣となっているのだ。これをわたしは「(指を突っ込むとギュッと閉じてしばらくは開かない)イソギンチャク現象」と呼んできた。この習慣のある・なしが、米国民と日本人のマインドの違い、また統計データの表れ方の違いになっているようにも思う。

あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

 
 

SAFETY JAPAN メール

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。