セミナー紹介

世界の最新トレンド情報を、
ジャーナリスト、リサーチャー、経営者が詳しく解説。

商品企画やコミュニケーションにおいて、世界のデザイントレンドを知り、活用することは欠かせません。デザインがかかわる事業がグローバル化すればするほど、世界のデザイントレンドをいち早くつかむことが不可欠になります。

そんな世界のデザイントレンドを見据えるうえで、欠かせないのが、世界的な見本市での情報収集です。なかでもドイツで開かれる「アンビエンテ」やイタリアで開かれる「ミラノサローネ」は、 世界中からデザイナーやビジネスマンが訪れ、最新のトレンド情報を収集し、自らのビジネスやデザインに応用する注目の場です。デザインのトレンドをいち早くつかみ、また海外でのブランディングを考えていくうえで、これらの海外見本市への出展・視察は欠かせません。

先進企業がどの様なデザイン開発や海外展開へのリサーチを行い、ビジネスを進めているのか。
また、出展者や見本市自体から読み取れる、これからのトレンドとは。
本セミナーでは、単独でリサーチすることが困難な複数にわたる大規模な見本市の膨大な情報を、現地取材でいち早く吸収し、独自の分析を加えて報告。ジャーナリスト、リサーチャー、実際に参加した経営者など多様な講演者による解説で、みなさまに世界の最新のデザイン情報をリアルに感じ取っていただきます。

  • 現地取材者ならではの視点で現場の注目情報を解説
  • 「カラー」「素材」「仕上げ」など、独自のリサーチ手法でデザイントレンドを分析
  • 豊富な写真や映像で現地の様子を実感。現地取材でしか分からない注目デザイナーの新しいクリエーションが分かる
  • ミラノサローネ等で活躍するデザイナーの海外で売れるデザインの秘訣を解説

こうした多角的な視点で、世界のデザイントレンドをお届けしていきます。最先端の現地情報の中に、閉塞感を打ち破るヒントがきっとあるはずです。ぜひご参加ください。

※今年は、「メゾン・エ・オブジェ」に関する解説はございません。

開催概要

セミナー名 日経デザインセミナー
ワールド・デザイントレンドセミナー
日時 2018年 6月 20日(水)13:00~16:30(開場12:30)予定

※本セミナーは「日経クロストレンド FORUM 2018」の1セッションとなります。
「ワールド・デザイントレンドセミナー」にお申し込みいただいた方は、日経クロストレンド FORUM 2018の20日(水)の有料セッション、および3日間(18~20日)の無料セッションにご参加いただけます。
会場 赤坂インターシティ コンファレンス
東京・赤坂
東京メトロ 銀座線・南北線「溜池山王駅」直結 千代田線・丸ノ内線「国会議事堂前駅」直結
受講料

33,300円(税込み)
【読者特価】早期割引:2018年5月31日まで

34,300円(税込み)
【読者特価】
※読者特価は日経デザイン定期購読者のみ適用

48,800円(税込み)
【一般価格】早期割引:2018年5月31日まで

49,800円(税込み)
【一般価格】
※一般価格は日経デザイン半年購読付き

定員 65名
※最少開催人数(30名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
主催 日経デザイン

プログラム

13:00~14:00

欧州見本市で注目のデザイナー&ブランド、そのデザインの傾向を探る

ストックホルムの「ファニチャーフェア」、フランクフルトの「アンビエンテ」とイタリアの「ミラノサローネ」。ブランドやデザイナーが発するメッセージや新しいトレンドが明確に浮かびあがる場だ。時代を反映したデザインの流れはどこへいくのか。現地で直接取材し、その最新デザインを解説。

高橋 美礼
日経デザイン 協力編集者

14:00~15:00

ミラノサローネから分析する最先端のCMF(カラー・マテリアル・フィニッシュ)

長年にわたりデザイントレンドを独自の手法で定点観測・分析しているトリニティ(株)が、ミラノサローネなどの展示会情報から最新のデザイントレンドとその経年変化を解説。製品開発においてCMFトレンドの継続的な動向を把握した上での分析は欠かせない。トレンドを周期でみることで未来予測戦略的な商品開発が可能となる。

村田 まゆみ
トリニティ(株) リサーチャー、デザインプロデューサー

15:10~16:00

TRANSITIONS:パナソニックデザインの変革

創業100周年を迎えたパナソニック。 2018年4月から家電デザインの拠点を京都に構え、 ミラノサローネでは、目に見えない体験価値さえも デザインしていくという強い意志を込めて 「空気の発明(Air Inventions)」をテーマに出展。 歴史や伝統を尊重しつつ、未知なる未来に向けて挑戦する パナソニックデザインの変革について語る。

臼井 重雄
パナソニック株式会社 アプライアンス社 デザインセンター 所長

16:00~16:30 質疑応答

講師紹介

高橋 美礼

日経デザイン 協力編集者

多摩美術大学芸術学科卒業後、企業勤務を経てイタリアへ留学。ドムス・アカデミー マスター・イン・デザインコースを修了。自らデザイナーとして製品を世に送り出した経験を活かし、現在はフリーランスで、企業やデザイナーへのインタビュー、海外見本市などの取材を重ねる。

村田 まゆみ

トリニティ リサーチャー、デザインプロデューサー

トリニティのシニアリサーチャーとして、ミラノサローネをはじめ毎年海外の国際展示会の情報から、トレンド分析を継続して行っている。欠かさず定点観測的に情報収集しているのは、パリ市で開催されるファッション分野の素材&カラー国際見本市「プルミエール・ビジョン」と、同じくパリ市で開かれる「メゾン・エ・オブジェ」、そして、今回のミラノサローネである。周知の通り、現在ファッショントレンドとインテリア、プロダクトのトレンドは一部シンクロする部分があり、これらの各情報を個別に分析するだけでなく俯瞰して見続けることで、今後の方向性の見極めを行っている。

トリニティ
デザインの力を通して、ユーザーインサイトと企業のデザイン・戦略を結び、企業イノベーションをサポートする日本では数少ないユニークな会社。デザインリサーチ、欧米やBRICsのデザイナーを起用したデザイン開発業務、デザインPR、デザイナー教育支援活動を主要業務とする。デザインリサーチ分野では、今回のミラノサローネデザイン・トレンド速報以外にも、ファッションや建築とプロダクトの素材とカラーのトレンドを分析する「クロスオーバートレンド調査」、また「未来予測」「インドや中国をはじめとする新興国の現地調査」「デザインによる企業イノベーションの為のデザインハッカソン」など、数多く推進している。

臼井 重雄

パナソニック アプライアンス社 デザインセンター 所長

1990年松下電器産業(現、パナソニック 入社。) テレビ、洗濯機などののプロダクトデザインを担当し、 2002年から、アジア向け白物商品のデザインを担当。 2007年から、中国(上海)のデザインセンター所長として組織を 一から立ち上げ、現地発のデザインを生み出す集団へと成長させる。 2017年1月より現職。京都拠点集約をはじめとする家電デザイン部門の 変革を主導。

受講者の声
  • 盛りだくさんの情報を写真も豊富にご説明いただけました。建築資材のメーカーですのでいきなり大きな勝負にはでられませんが、ショールームでの見せ方や次の新柄・新色を考えるときのヒントになります。何より刺激をいただきました。ありがとうございました。トレンドセミナーはこれからもお願いします。
  • デザインに関することの大きな流れや最先端の事例に興味があるので、今回のセミナーの内容はとてもよかったと思います。
  • 初めて参加しましたが、充実した内容でとても良かったです。続けて聞くことでトレンドの流れが見えやすいのかなと思ったので、次回もぜひ聞きたいと思いました。
  • トリニティさんのトレンドの移り変わりがたいへん参考になった。
  • 非常に参考になりました。特に、欧州展示会のレポートを1名だけではなく、2名から聞けたことが良いと思いました。なぜならば、同時に異なる視点からのレポートを聞くことで、より客観的かつ広い視点でレポートを考えることができると感じたからです。今後も、より多様な視点でのレポートを聞かせていただけると、ありがたいと思っております。

セミナーお申込み

以下のいずれかよりお申し込みください。

    読者特価:日経デザイン定期購読者専用
    一 般 価 格



【お申し込み注意事項】

  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。申し込んだ方の都合が悪くなった場合は、代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • ※受講料のお支払い: お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講証・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。クレジットカード払いの場合、受講証・請求書の郵送はありません。お支払い手続きにて決済が完了した後、以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容と受講証が表示されます。セミナー当日、ご自身で印刷した受講証をご持参いただくか、携帯端末などにMyPageから受講証を表示いただくようお願いいたします。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。