セミナー紹介

2018年度の試験対策はこのセミナーから!
効果的な勉強法が身につきます!!


択一式の数値や施策の把握に不可欠
記述式も半数以上の科目が白書から


 2017年度の択一式試験の出題傾向を見ると、過去問題とほぼ同じ内容の設問は減り、最新の数値やキーワードについて問う選択肢が増えてきました。国土交通白書からは例年と同様に、多くの数値や施策が出題されています。記述式でも、基本となるのが国土交通白書です。例えば17年度のⅢの問題では、約半数の科目が白書2016の第Ⅰ部のテーマである生産性の向上について取り上げています。白書の第Ⅱ部から出題した科目も少なくありません。論述する際に必要な知識を習得するだけでなく、出題テーマの現状や動向などを押さえるためにも白書は最適です。

 この講座では、18年度の試験対策で必須の国土交通白書2017の効率的な読み方を指南いたします。9割を超す受講生の方から「満足」と高い評価を得ている本講座をぜひご活用ください。

【法人様へ】
「一括お申し込み」をご希望の場合、以下までお問い合わせください。
  日経BP社読者サービスセンター・セミナー係
 (電話:03-5696-1111[代表]、土日・祝日を除く9~17時)

※定員になり次第、締め切らせていただきます。お早めにお申し込みください。
※定員超えなどにより、お申し込みをお受けできない場合は、追ってご連絡させていただきます。

開催概要

セミナー名 2018年度 技術士第二次試験 対策講座
「国土交通白書」の読み方セミナー
日時 2017年11月25日(土) 10:00~17:00(開場 9:30)(予定)
会場 ラーニングスクエア新橋 6階
東京・新橋
JR・都営浅草線・東京メトロ銀座線 「新橋駅」 徒歩2分
受講料

24,000円(税込み)
【読者特価】
※「日経コンストラクション」「日経アーキテクチュア」定期購読者の方は読者特価でお申し込みいただけます。

27,000円(税込み)
【一般価格】

※受講料にはテキスト代(新刊書籍「国土交通白書2017の読み方」[定価:本体12,000円+税、2017年11月28日発行予定])を含みます。書籍は当日会場にてお渡しいたします。

定員 150名
※最少開催人数(30名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
主催 日経コンストラクション

講師紹介

堀 与志男

株式会社5Doors' 代表取締役

1960年愛知県生まれ。建設会社で18年勤務後、2000年にホリ環境コンサルタント設立。2004年に㈱5Doors’を設立、代表取締役に。経営コンサルタント。技術士受験指導歴22年。著書「建設技術者なら独立できる」(新風舎)など多数。技術士(総合技術監理部門、建設部門)、土木学会特別上級技術者。

プログラム

10:00~10:15 ガイダンス  
10:15~11:15 出題傾向と受験科目選定時の注意点
11:15~12:00 国土交通白書2017の構成とテーマ
13:00~14:00 国土交通白書2017のポイントと3年間の動き
14:00~14:45 択一式試験への対処法
15:00~15:45 専門知識と応用能力を問う論文の書き方
15:45~16:30 課題解決能力を問う論文の書き方
16:30~16:45 2018年度の試験に役立つ文献と勉強方法
16:45~17:00 質疑応答
※上記は予定です。変更となる場合があります。
※本講座は論文の添削はございません。
昨年度受講生の“声”の一部をご紹介します
【本講座を選んだ理由】
  • 2016年度は不合格だった為、勉強方法から知りたかった。来年こそ合格したいため。
  • 前回、試験を初めて受験しましたが、対策を始めるのが遅かったと実感しているため。
  • 来年度初めて技術士を受験するため、何から勉強すればよいか分からなかったため。
  • 技術士試験の傾向と対策、効率的な勉強方法を把握するため。
  • 技術士第二次試験の勉強方法のポイントを知りたかったため。
  • 自らの勉強法に迷いが生じ、自己流での限界を感じたから。
  • 独学なため、自分で収集できない情報を得るため講座を選びました。
  • 効率的に合格するための勉強範囲、情報収集の方法を知りたかったため。
  • 技術士試験の受験準備にあたり、「何から始めるべきか」、「今後効率的に勉強を進めるにはどのようにしたら良いか」を考える参考とするため。
  • 早めに試験対策を開始でき、モチベーションを上げられるため。
  • 択一式、記述式、いずれも国交省の政策がもとになっているので、これらの勉強のポイントや何に重点を置くべきかなどを学びたかった。
  • 国土交通白書の概要を把握し、内容を体系的に勉強したかったので。
  • 自分は問題Ⅲの論文が難点なので、対策の糸口を見つけるきっかけになればと思い、本講座を受けました。
  • 地方の中小コンサルに勤めており、周りに技術士を持っている方が少なく、勉強方法を知るために受講した。
  • 以前にこの講座を受けた人からすすめられて。
  • 会社からのすすめ。
  • 日経コンストラクションが主催だから。


【受講後の感想】
  • 二次試験は来年度はじめて受けるため、その内容や勉強方法を早期に学びたかったため受講させていただきました。大変参考になりました。有難うございました。
  • 今年、何故不合格になったのかが、解らなかったが、講義を聴いて理解できた。ありがとうございました。
  • 指南いただいた勉強の方法は目からうろこに感じました。
  • 最新トレンドを知るために受講したが、勉強方法も教えてもらってとてもよかった。
  • 講義内容はとても良かったと思います。勉強方法がわかりました。
  • 初めての二次試験受験のため、勉強方法の参考とさせていただくことを意図しました。勉強範囲の選択と集中の方向性をご教授いただき、ありがとうございました。
  • 記述試験Ⅱ、Ⅲの勉強方法がどのように行なえばよいかわからなかったため受講したが、勉強方法の方向性を教えて頂き、とても参考になりました。
  • 国土交通省の施策のポイントが大変良く理解できました。
  • 昨年も受講しました。合格ラインには一歩届きませんでしたが、出題傾向の分析が有益であり、来年こそはという思いで申し込みました。2016年度試験では、この講座で知り得た項目が多々出題されていました。
  • 科目ごとに白書のどのページが参考となるのか、よく研究されていて大変参考になった。また、話の中にも、留意すべきポイント等が多く出てきて、今後の取り組み、方針の検討に役立ちます。
  • 他社のセミナーより参考になった。
申し込む

【お申し込み注意事項】

  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。申し込んだ方の都合が悪くなった場合は、代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • ※受講料のお支払い:お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講証・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。クレジットカード払いの方には、受講証のみ郵送いたします。以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容が表示されます。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。