セミナー紹介

勝者3人が最終プレゼンを実際に再現!!
勝てるプレゼンの極意を伝授します。

公共事業で公募型のプロポーザルやコンペが目立っています。いずれも1次審査を通過した複数の候補者による公開プレゼンテーションを通して、コンペ案や設計候補者を選ぶ方式を採用しています。
2017年に実施された注目のコンペ・プロポで最優秀となった3者は、どんなプレゼンで、勝利を勝ち取ったのでしょうか。
実際に当時のプレゼンを再現。コンペやプロポに精通したコメンテーターが、質問・解説しながら、プレゼンの「伝える」「伝わる」ツボを受講者の皆さんに明かします。“勝てるプレゼン”の極意をお持ち帰りいただける特別講義にご参加ください。

開催概要

セミナー名 日経アーキテクチュア 建築実務セミナー
人を動かす建築プレゼン特別講義 第2弾
日時 2017年11月17日(金) 13:30~17:00 (開場13:00)
会場 TKP田町カンファレンスセンター
東京・田町
JR田町駅より徒歩5分
都営 三田駅より徒歩5分
受講料

19,800円(税込み)
【読者特価】
※「日経アーキテクチュア」「日経ホームビルダー」定期購読者の方は読者特価でお申し込みいただけます。

28,800円(税込み)
【一般価格】
※一般価格には「日経アーキテクチュア」半年購読(12冊)の購読料金を含みます。(送本の開始はセミナー終了後となります)

定員 150名
※最少開催人数(50名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
主催 日経アーキテクチュア

講師紹介

遠藤 克彦(えんどう・かつひこ)

遠藤克彦建築研究所代表

1970年神奈川県生まれ。92年武蔵工業大学(現・東京都市大学)工学部建築学科卒業。95年東京大学大学院修了、同大学院博士課程進学。97年遠藤建築研究所設立。2007年株式会社遠藤克彦建築研究所に変更。慶応義塾大学大学院、国士舘大学、工学院大学などで非常勤講師を務める。15年から日本大学理工学部非常勤講師。

宮崎 浩(みやざき・ひろし)

プランツアソシエイツ代表

1952年福岡県生まれ。75年早稲田大学理工学部建築学科卒業、77年同大学理工学研究科修士課程修了。1979~89年株式会社槇総合計画事務所勤務(電通大阪ビル、京都国立近代美術館、TEPIAを担当)。89年株式会社プランツアソシエイツ設立。94年に中原中也記念館でJIA新人賞を受賞。

岡野 道子(おかの・みちこ)

岡野道子建築設計事務所代表

1979年生まれ。2001年東京理科大学理工学部建築学科卒業、03年同大学大学院修士課程修了。05年東京大学大学院工学系研究科博士課程を中途退学し、伊東豊雄建築設計事務所入所。15年同事務所退所。16年岡野道子建築設計事務所設立。同年東京理科大学非常勤講師。17年から芝浦工業大学建築学部特任准教授。

コメンテーター:新井 久敏(あらい・ひさとし)

元群馬県職員

1956年群馬県生まれ。79年に群馬県入庁。建築確認、営繕、自然環境保全、高崎市出向など建築行政に関わる傍ら、公務とは別に90年代後半から群馬県内の公共建築のプロポーザル・コンペの企画を支援。「上信越高原国立公園鹿沢園地自然学習歩道施設」で2007年日本建築学会賞(業績)、09年度土木学会デザイン賞優秀賞を受賞。16年高崎土木事務所次長を最後に、群馬県を勇退。17年これからの建築士賞入賞。企画を支援したプロポ・コンペは26件に及ぶ。

プログラム

 講義1 新たな美術館像のプレゼン術

●吹き抜け介して様々な人と活動を結ぶ
遠藤克彦建築研究所 遠藤克彦 代表
「(仮称)大阪新美術館 公開設計競技」(2017年2月)で最優秀

 講義2 美術館建て替えのプレゼン術

●旧設計者に敬意を払いつつ善光寺との関係を重視
プランツアソシエイツ 宮崎浩 代表
「信濃美術館整備事業 設計プロポーザル」(同6月)で最優秀(最適候補者)

 講義3 震災復興拠点施設のプレゼン術

●地域固有の風・光を生かし将来にも配慮
岡野道子建築設計事務所 岡野道子 代表
「甲佐町住まいの復興拠点施設整備設計に係る公募型プロポーザル」(同7月)で最優秀
(ビルディングランドスケープと共同)
コメンテーター:新井久敏氏(元群馬県職員)
群馬県内で計26件のプロポーザル・コンペを仕掛ける
※プログラムは予定です。変更になる場合がありますので予めご了承ください。
申し込む

【お申し込み注意事項】

  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。申し込んだ方の都合が悪くなった場合は、代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • ※受講料のお支払い:お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。「クレジットカード支払」の方には、受講券のみお送りします。
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。