セミナー紹介

■講師からのメッセージ
IT課長/PMOとその候補者のマネジメントスキルを高める

今日、IT部門に対する経営者の要求には、厳しいものがあります。
第一に、コスト削減。さらなるITコスト削減だけでなく、稼げるIT投資が期待されています。
第二に、セキュリティの確保。標的型メールや内部不正による情報流出が企業の規模を問わず多発し、約67%の組織が何らかのセキュリティ事故を経験していると言われています。
第三に、少数精鋭化。コスト削減要求は、IT人材についても聖域ではありません。
これを受けて、IT部門を支える中堅人材である課長やPMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)要員のキャリア(技能と実践力)が厳しく問われています。一方、これらの中堅社員に対する教育は、本業の忙しさを理由に十分とは言えませんし、このままで良いはずがありません。

本講座は、ITマネジメントのグローバルスタンダードだけでは学べない実践的な教育とトレーニングのコースです。現在の課題を解決でき、将来的にも会社に貢献するIT部門をつくる中核的な人材としての課長やPMOとその候補者のキャリアを開発できるよう設計しています。
課題を同じくする異業種(業界が違う)の人とのディスカッションや、現実のプロジェクトや運用の現場を再現したチーム演習は、意識改革から行動変革を無理なく促します。

CIO養成講座講師、IT部門の課長とその候補・PMOのキャリア開発講座講師 森岡謙仁

ITマネジメント講座体系

■本講座のねらい

●IT部門の課長・PMOとその候補者の 実践的なマネジメントスキルを向上する。
●ITssレベル3(独力でできる)を対象とし、レベル4 (下位者を指導できる)、レベル5(社内のハイエンドプレイヤー)を到達目標とする。


開催概要

セミナー名 IT部門の課長とその候補・PMOのキャリア開発講座
日時 <全3回コース>
1日目 2017年7月27日(木) 10:00-17:00(9:30開場)
2日目 2017年8月29日(火) 10:00-17:00(9:30開場)
3日目 2017年9月27日(水) 10:00-17:15(9:30開場)
会場 アーバンネット神田カンファレンス
東京・神田
JR神田駅 西口より徒歩1分(JR山手線・京浜東北線・中央本線)
東京メトロ神田駅 1番出口より徒歩2分(銀座線)
受講料 129,000円(税込み)
<全3回コース>
早期割引:119,000円 2017年7月13日(木)まで

複数名割引価格 1名あたり 99,000円(税込)
※上記料金は複数名で同時にお申し込みの場合のみ適用されます。
複数名で同時にお申し込みの場合はこちらから
受講対象 ・IT部門の課長およびPMO、またはその候補者
・ITssレベル3(独力でできる)IT部門の従業員
・IT部門に配属し3年以上の方
定員 48名
※最少開催人数(20名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
備考 ■受講特典
●講座期間中の講師へのメール等による個別相談が可能
講座中に理解しきれなかった部分も、メール等による個別相談をいただければ、講師が後日フォローいたします。
●講師が選定したテンプレートをデジタルデータで提供
●参考書籍2点
「教えてドラッカー、働く私はITでどこまで伸びるの?」
(森岡謙仁著,日経BP社)
「図解ドラッカー入門」(森岡謙仁著,KADOKAWA/中経出版)
※当日会場にてお渡しいたします。
主催 日経コンピュータ

講師紹介

森岡 謙仁

経営・情報システムアドバイザー、アーステミア代表取締役社長

精密機械メーカーの品質管理部門、独立系コンピューターディーラーの取締役などを経て、1992年より現職。
企業経営実務と情報システムの両面に明るく、経営管理手法と情報システム技術を一体とした経営革新、情報システム部門の変革、マーケティング・営業革新、システム投資計画策定、業務改革プロジェクト及びプログラムマネジメント、新商品開発、新事業開発など、上場企業から中堅企業を対象とした助言・指導および教育で多くの実績をもつ。
また、現役のCIOを支えるとともに全社IT組織及び全社ITガバナンスの構築と改善のための助言・指導、情報システム部門の若手人材や中堅社員、経営管理者の育成にも活躍中。
これまで、CIO養成講座(2003年~2008年 日経ビジネススクール主催、2009年以降 日経情報ストラテジー主催)や現場を支える若手のための実践トレーニング(2010年以降 日経コンピュータ主催)など多数の講座を持ち、500社以上の情報システム部門のリーダーに、CIOの基本と実務ノウハウを提供してきた実績を持つ。

[主な著書等]
「教えてドラッカー 働く私はITでどこまで伸びるの?」(日経BP社)、「図解ドラッカー入門」、「バランススコアカードで会社を強くする手順」、「驚くほど利益が上がる業務改革の成功手順」以上(KADOKAWA/中経出版)、「情報システム部ムダとりマニアル」、「ドラッカーの実践!! MOT(技術経営)リーダーのマネジメントスキルアップとテンプレート集」監修共著 以上(新技術開発センター)他。
「CIOへの道」ITpro Watcher 連載(日経BP社)、「IT経営川柳」経営とITサイト連載(日経BP社)、「MOTリーダーの条件」「MOTリーダーの仕事」連載(新技術開発センター)、「CIOチェックシート」日経情報ストラテジー連載(日経BP社)他。

プログラム

 1日目:7月27日(木) CIOと部長を支える課長・PMOの仕事 
~会社全体を見る力、部門に貢献する自分のやるべきことを知る~

10:00~12:30 ◆実践前の要点確認

1.経営に貢献するIT部門の仕事
・ビジネスモデルとIT部門 ・IT部門のマーケティングとイノベーション

2.課長とPMOの仕事
・グローバルスタンダード(PMBOK、COBIT、ISO10006等)
・内部統制の実施基準 ・プロジェクト目的 ・予算管理
・人的管理 ・プロジェクト管理 ・運用管理
・ベンダーマネジメント ・品質管理 ・リスク管理
・ステークホルダーマネジメント ・ユーザー教育 ・業務改善提案

3.成果を上げる自分と上司のマネジメント
・IT部門のキャリアパスとは何か ・自分のマネジメント ・上司のマネジメント

4.この場面で上司は貴方のここを見ている
・成果を上げる課長と足を引っ張る課長
・成果を上げるPMOとリスク増やすPMO

13:20~17:00 ◆ワークショップ

1.キックオフミーティング
・キックオフミーティングまでに行っておくべきこと
・キックオフミーティングの進め方

2.進捗会議
・進捗会議の準備 ・進捗会議の進め方

 2日目:8月29日(火) 現場とベンダーマネジメント 
~ステークホルダーとの良好な関係を築き成果を上げるノウハウ~

10:00~12:30 ◆実践前の要点確認

1.ステークホルダーマネジメントの勘所

2.現場を巻き込むマネジメント
・プロジェクトの場合 ・ステークホルダーとの調整能力
・運用管理の場合 ・業務改善の進め方

3.ベンダーマネジメントの勘所
・ベンダー選定の進め方 ・ベンダー提案を逆手に取る方法
・要注意ベンダーの見分け方 ・ベンダーリスクのマネジメント
・オフショアのベンダーの場合

4.この場面で上司は貴方のここを見ている
・現場とコミュニケーションが取れない ・ベンダーの力を引き出せない

13:20~17:00 ◆ワークショップ

1.現場部門のマネジメント
・要件定義から設計段階 ・テストから本稼働準備

2.ベンダーマネジメント
・提案から発注 ・ベンダーのリスク管理

 3日目:9月27日(水) PMと運用担当者を育て成果を上げる 
~忙しい中でも部下の強みを組織の成果に統合するノウハウ~

10:00~12:30 ◆実践前の要点確認

1.ITグローバルスタンダードの実務の勘所
・PIMBOKの使えるところ ・COBITの使うべきところ
・その他のグローバルスタンダードの使うべきところ ・部下育成の原則

2.PM育成の勘所
・グローバルスタンダードとPMの標準化 ・PMのモデル人材
・終結フェーズ報告会 ・リスクマネジメント
・クオリティマネジメント ・人的資源のマネジメント

3.運用担当者育成の勘所
・グローバルスタンダードと運用管理の標準化 ・運用管理担当者のモデル人材
・信頼される運用管理チームの作り方

4.この場面で上司は貴方のここを見ている
・プロジェクトの足を引っ張る ・重箱の隅を突っついて失敗する

13:20~17:00 ◆ワークショップ

1.プロジェクトポートフォリオ
・PMへのフィードバック ・PMをマネジメントする

2.リスク管理
・リスク管理手法 ・トラブルの未然防止の進め方

17:00~17:15 ◆質疑応答と修了証書授与式

※プログラム内容・講師は予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。


受講者の声
[第1日目]
  • 前回「若手のためのトレーニング」を受講しましたが、現場サイドの視点と管理側からの視点の両方の観点から研修が出来ているので、大変参考になっています。
  • ワークショップの事例となるような状況が自身の関わる現場でも散見されます。演習の内容を再度復習し、実務に活かしていきたいと思います。
  • 机上の論理やプロジェクトマネジメントの手法の紹介ではなく、具体的に有効なマネジメント手法についてのお話が聞けて大変参考になりました。
  • キックオフミーティング、進捗会議における各役割(PM、課長、PMOなど)が明確になりました。
  • PMと課長の関わり方について理解できた。経営側に立った視点で仕事をすることが望まれていることを意識して仕事に取り組みたい。
[第2日目]
  • 現在のプロジェクトではベンダーとの関係がうまくいっていないため、今回の研修内容に関してはたいへん勉強になった。
  • 今抱えているプロジェクトの開始前に聞いておきたい内容でした。次のプロジェクトに活用できるようポイントを復習したい。
  • 講義、ワークショップとも、現在関わっているプロジェクト運営にすぐにでも役立ちそうなノウハウが多数ありました。
  • ユーザ部門を如何にプロジェクトに巻き込めるかという事に頭を悩ませています。本日の講義内容はそのヒントをいただけました。
[第3日目]
  • IT部門の管理者の役割を体系だって学ぶ機会が今までなかったのでとても勉強になりました。また、自分の勉強不足を思い知らされ、今後の課題も見えてきました。
  • 「9+1」の視点で業務を見ることが大事であることを学びました。カンや経験だけでなく、きちんとしたフレームワークに基づいて評価することが大切であると思いました。
  • 現在、運用業務担当を行っているので、運用課長の仕事や、運用管理について学ぶことができた。
  • 自身の今の立場、また今後のキャリア形成において非常に有意義な講座でした。定期的にテキストを読み返し、より良い仕事をして行きたいと思います。
申し込む

<全3回コース>
早期割引:119,000円 2017年7月13日(木)まで

複数名割引価格 1名あたり 99,000円(税込)
※上記料金は複数名で同時にお申し込みの場合のみ適用されます。
複数名で同時にお申し込みの場合はこちらから

【お申し込み注意事項】

  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。申し込んだ方の都合が悪くなった場合は、代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • ※受講料のお支払い: お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。「クレジットカード支払」の方には、受講券のみお送りします。
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。