セミナー紹介

本講座の特徴
◎生産性向上の切り札、「RPA」の基本を理解
◎自社業務の何を「RPA」化すべきかが分かる
◎「RPA」導入の失敗を防ぐためのポイントを知る

「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」が急速に注目を浴びています。ソフトウエアのロボットを使って、各種の作業を自動化します。オフィスワーカーがパソコンでこなしていたようなルーチンワークを、ソフトウエアのロボットに代行させて自動化します。

RPAは、働き方改革やホワイトカラーの生産性向上といったビジネストレンドを支える手段として、期待を集めています。人手で実施していた事務作業をRPAで自動化することで作業時間を大幅に減らせる、といった効果が注目されています。

本セミナーでは、10年にわたってRPA導入の最前線に立ち、100社を超える企業を支援してきた講師が、RPAの基本を易しく解説します。RPAとは何か、どんな効果があるかだけでなく、導入の“落とし穴”についても説明します。受講後は、RPAに対する正しい知識が身に付き、自社にどのように導入すれば効果が上がるかを検討できるようになります。

RPAに興味がある、RPAの導入を検討しようとしているといった企業の方々にお薦めのプログラムです。ぜひ本セミナーに参加し、貴社の生産性向上にお役立てください。

開催概要

セミナー名 基本から導入ポイントまで、半日で理解!
ゼロから分かる「RPA」入門講座
日時 2017年 12月 7日(木) 13:00~17:00(開場12:30)
会場 日経BP社(日経虎ノ門別館)
東京・神谷町
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩5分、
東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より徒歩7分
受講料

29,800円(税込み)

<複数人割引のご案内>
2名様以上で本セミナーに参加される場合は、
2人目以降の方から、割引価格28,800円が適用されます。
※最初にお申込みいただく方は「親受講番号」を空欄のままでお申込ください。なお最初にお申込みいただく方には、定価の29,800円が適用されます。
※最初にお申込の方の受講番号が「親受講番号」となります。2人目以降の方をお申込みいただく際には、お申込み時にその番号をご入力ください。「親受講番号」を間違えてご入力された場合は、定価が適用されますのでくれぐれもご注意ください。

定員 60名
※最少開催人数(20名)に満たない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
主催 日経BP社 日経ITエンジニアスクール 日経コンピュータ

講師紹介

大石 純司

日本RPA協会(RPAテクノロジーズ株式会社 最高技術責任者)

大学卒業後、ソフトウエア企業にてアプリケーションエンジニア職に就く。その後、フリーランスのエンジニアを経て、ITコンサルティングファームにてシステム開発プロジェクトのプロジェクトマネジメントや内部統制導入プロジェクトに従事。2009年3月にITコンサルタントとして独立し、オープンアソシエイツ社(当時)の「BizRobo!」プロジェクトに参画。2013年10月、ビズロボジャパン株式会社設立に伴い最高技術責任者に就任。10年にわたってRPAの技術開発や保守運用を手掛ける。

プログラム

13:00~14:00

 第1部 「RPA」を正しく理解する

・ロボットが人の作業を代替する仕組み
・ロボットが実行可能な業務範囲
・RPAにおける「ロボット」の考え方
・RPAの導入フロー
14:00~14:30

 第2部 システムと「RPA」の違い

・情報システムとRPAは何が違うのか
・情報システムとロボットの役割分担
・ロボットの導入とライフサイクル
14:30~14:40 【休 憩】
14:40~15:20

 第3部 RPAの誤解と落とし穴

・RPA導入の失敗例
・よくある誤解を解く
15:20~15:50

 第4部 RPAの導入形態を知る

・RPAの導入形態を整理する
・「システム構成」視点での導入形態
・「運用体制」視点での導入形態
・各業務の特性と、適した導入形態
15:50~16:00 【休 憩】
16:00~16:30

 第5部 RPAと業務の今後

・ロボットの出現で業務はこう変わる
・ロボットのプラットフォーム化
16:30~17:00

 まとめ・質疑応答

申し込む

【お申し込み注意事項】

  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
  • ※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。申し込んだ方の都合が悪くなった場合は、代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • ※受講料のお支払い: お支払方法が「請求書」の方には、後日、受講証・請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますのであらかじめご了承ください。クレジットカード払いの場合、受講証・請求書の郵送はありません。お支払い手続きにて決済が完了した後、以下「MyPageメニュー」にお申し込み内容と受講証が表示されます。セミナー当日、ご自身で印刷した受講証をご持参いただくか、携帯端末などにMyPageから受講証を表示いただくようお願いいたします。
    <MyPage>https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/
  • ※講師企業と競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
  • ※講師の急病、天災その他の不可抗力、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。