お探しのページが見つかりませんでした:日経BP社

お探しのページが見つかりませんでした

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。以下のいずれかの可能性があります。

トップページの上部にある検索ボタンやメニューなどから、目的の記事をお探しください。


NMF:「マーケティングは対話になった」、『テレビCM崩壊』訳者の織田氏が講演

2006/11/2
織田浩一氏

織田浩一氏

書籍「テレビCM崩壊」の翻訳や、ブログ「Ad Innovator」編集長として著名な米国で広告コンサルティング業を営んでいる織田浩一氏は、「NET Marketing Forum」で「マーケティングは対話になった」と題した特別講演を行った。

まず織田氏は「大量生産、大量流通、大量販売に伴って確立したマス・マーケティングの下では、皆が同じライフスタイル、商品を求めていた」と歴史を振り返った。しかし、時代が進むにつれ、ライフスタイル雑誌の誕生、ケーブルテレビの登場、インターネットの普及を経ながら、画一的であることから逃れようとする世代が主流になってきたという。

ブログなどのCGM(コンシューマ・ジェネレーテッド・メディア)の利用が急激に増えていることをデータで示しながら、消費者がクチコミ情報を商品選択の場面で重視している様子を提示。多様なライフスタイルを持ち、メディア接触が細分化している現在、消費者は企業からの一方的なメッセージを受け取らなくなったと分析した。

しかし織田氏は、「CGMが発展する状況について、企業はデメリットを感じるべきではない。むしろ、消費者との対話ツールを手に入れたととらえるべき」と主張。Web広告のクリックから消費者の興味を知ったり、検索ワードによって消費者の意図をつかむことが、「消費者との対話になる」という見解である。

欲しいときに欲しいコンテンツを手に入れることに慣れた消費者は、“Relevant”(レラバント:自分にとって深い関連がある)な広告は“情報”として受け入れるようになった。そこで織田氏は、企業のマーケティングには、「精度を上げたターゲティング」「Web2.0時代のクチコミ・マーケティング」「エンターテインメント価値の高いコンテンツ提供」といった取り組みが必要になっているとした。

講演では多数の事例が紹介された。メントスやナイキが行った動画投稿キャンペーンについては、消費者が作成した動画を上映し、エンターテインメントとしての価値の高さを確認した。

最後に、講演のテーマである「マーケティングは対話になった」の意味を改めて解説。「消費者の声を聴くことが、企業の価値を上げる」と締めくくった。(ライター 基太村 明子)


お探しのページが見つかりませんでした:日経BP社

お探しのページが見つかりませんでした

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。以下のいずれかの可能性があります。

  • ご覧になっていたページからのリンクが無効になっている
  • アドレス(URL)のタイプミスである
  • 当該記事の公開期間が終了している

トップページの上部にある検索ボタンやメニューなどから、目的の記事をお探しください。


お探しのページが見つかりませんでした:日経BP社

お探しのページが見つかりませんでした

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。以下のいずれかの可能性があります。

  • ご覧になっていたページからのリンクが無効になっている
  • アドレス(URL)のタイプミスである
  • 当該記事の公開期間が終了している

トップページの上部にある検索ボタンやメニューなどから、目的の記事をお探しください。


お探しのページが見つかりませんでした:日経BP社

お探しのページが見つかりませんでした

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。以下のいずれかの可能性があります。

  • ご覧になっていたページからのリンクが無効になっている
  • アドレス(URL)のタイプミスである
  • 当該記事の公開期間が終了している

トップページの上部にある検索ボタンやメニューなどから、目的の記事をお探しください。


お探しのページが見つかりませんでした:日経BP社

お探しのページが見つかりませんでした

あなたのアクセスしようとしたページが見つかりません。以下のいずれかの可能性があります。

トップページの上部にある検索ボタンやメニューなどから、目的の記事をお探しください。