このページの本文へ
ここから本文です

テクノツリーとインタークエスト、SNSを利用した教育システムを提供

2008年9月30日 9時24分

テクノツリー(本社兵庫県明石市)とインタークエスト(本社大阪市)は、教材作成ソフトで作成したコンテンツをソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)と組み合わせたサービス「TreQs」を2008年10月1日から提供する。SNSソフト「DB-SNS」(インタークエスト)上に、教材作成ソフト「Mastree」(テクノツリー)で制作したコンテンツごとのコミュニティーを作ることで、社員研修のほか、新製品の開発段階での技術交流、製造技術やサービス面での議論などに利用できる。部署間のほか、本社と工場、国内の拠点と海外の拠点の間でも情報共有が可能だ。

DB-SNSでは、事前に許可された人しかSNSを利用できないので、不正アクセスによる情報漏洩(ろうえい)を防げる。例えば、部署内のみでアクセス可能なコミュニティーを作成したり、職制レベルに応じてアクセス権限を設定したりできる。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る