このページの本文へ
ここから本文です

SED係争で控訴審勝訴のキヤノン,「事業化の時期はノーコメント」

2008年9月9日 11時33分

SEDパネルに関するキヤノンと米Nano-Proprietary,Inc.の特許訴訟で,キヤノンは控訴審が発行した裁決書を受け取った。第5巡回地区控訴裁判所は2008年7月25日,キヤノンとNano-Proprietary社の間のライセンス契約は有効であるとの判断を下し,これに対するNano社の異議申し立てを同8月21日,却下した。裁判所は同8月29日に裁決書を発行,キヤノンは同9月5日,これを受け取ったという。

キヤノンは今回の判決について「当社の主張をほぼ認めたもので妥当」(キヤノン広報)と評価している。SEDの事業化の時期については「今はコメントできない。今回の係争もこれで終結したとは限らない」(同)とした。控訴審判決に不服の場合は,90日以内に最高裁に上告することができる。今回の場合,期限は2008年11月19日。Nano-Proprietary社の動き次第では,訴訟はまだ続く。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る