このページの本文へ
ここから本文です

大日本スクリーン、太陽電池関連業界に参入

2008年7月25日 10時7分

大日本スクリーン製造は、2008年7月末に太陽電池パネル用膜厚測定装置を発売する。これを手始めに、同業界に向けた取り組みを開始する。

同社は太陽光発電の総合イベント「PVJapan 2008」への出展を機に、薄膜太陽電池パネルの膜厚値の測定や膜質の解析などができる「分光エリプソ式膜厚測定装置 RE-8000」の販売を開始する。半導体の測定技術を応用し、パネル表面の成膜状態などを検査するムラ検査装置や、微細な欠陥を高速検査する外観検査装置などを製品化する。

太陽電池パネルは、新たなエネルギ源として期待される太陽光発電の重要な要素技術で、次世代ビジネスとして注目度が非常に高く、既に多くの企業が参入を表明している。同社は、半導体・液晶パネル製造装置および印刷関連機器などで長年培ってきた技術を応用できる太陽電池パネルに対し、以前から研究・開発を積極的に進めていた。検査技術とは別にインクジェットやノズル吐出を利用した塗布技術や、色素増感型太陽電池向けのめっき関連技術などの開発も推進する。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る