このページの本文へ
ここから本文です

フィンランドNokia社「HDTV画質の携帯電話機が半導体業界にチャンスもたらす」

2008年2月29日 12時29分

「HDTV画質の携帯電話機はディスプレイ業界だけではなく,半導体業界にも大きな事業機会をもたらす」。フィンランドNokia Corp.のVice President, Product Technologies DevicesのKari Kulojarvi氏は,2008年2月28日に大阪で開かれた「Global Semiconductor Forum(GSF)/Global Electronics Forum(GEF)」でこのように述べた。

同氏は,携帯電話機をはじめとする携帯機器が今後多機能化していく中で,ディスプレイもQVGAからワイドVGA,将来的にはHDTVに対応するとの見方を示した。これによってディスプレイそのものも大きく変わるが,むしろHDTV対応のコンテンツを扱うマイクロプロセサやグラフィックスLSI,メモリといった半導体側の進化が重要になると指摘した。中でもデータ・ストレージ用のメモリに関しては,「際限なくほしい」(同氏)と大容量化の必要性を訴えた。また,駆動時間を延ばす上で2次電池の改善だけでは限界があり,半導体の低消費電力化が一層重要になるとコメントした。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る