このページの本文へ
ここから本文です

オリンパスと米Microsoft社が特許のクロスライセンス契約

2007年10月17日 11時58分

オリンパスと米Microsoft Corp.は2007年10月16日,広範な特許のクロスライセンス契約を締結したと発表した。この契約によって,両社はデジタル・カメラやデジタル画像技術などを中心とした製品群の開発を促進する考え。契約内容や契約金額などは明らかにしていない。

この契約はMicrosoft社が2003年12月に開始したIPライセンス・プログラムの一環。同社は2007年9月にも,カーナビや家電の製品開発強化を目的として,ケンウッドと特許のクロスライセンス契約を結んでいる。また,Microsoft社は過去1年間に,富士ゼロックスや韓国LG Electronics Inc.,NEC,カナダNortel Networks Ltd.,米Novell Inc.,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.,セイコーエプソンなどと同様の契約を締結している。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る