このページの本文へ
ここから本文です

東芝三菱電機産業システム、製造プラント向け電気設備に関する開発拠点を設立

2007年6月29日 12時15分

東芝三菱電機産業システムは、兵庫県神戸市に半導体やフラットパネル・ディスプレイ、太陽電池などの製造プラント向け電気設備に関わる研究開発を行う「フューチャーテクノロジー・ディベロップメントセンター」を設立したと発表した。2007年4月より業務を開始している。同センターでは、開発から実験・検証までを一貫して行うとともに、顧客や大学、研究機関などとの共同研究開発を行う予定。同社は、同センターでの研究開発によって、2010年に100億円の受注を目指すとしている。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る