このページの本文へ
ここから本文です

SRIハイブリッド、加古川工場にコージェネシステムを導入

2007年5月31日 9時56分

精密ゴム部品や防舷材などのゴム製品を製造するSRIハイブリッド(本社神戸市)は2007年5月30日、同社の加古川工場(兵庫県加古川市)にガスエンジン式のコージェネレーション・システムを導入し、同年4月1日に稼働を始めたと発表した。

導入したシステムの定格出力は1630kW。加古川工場では、2006年8月にボイラーの使用燃料を重油から天然ガスに転換しており、さらにコージェネシステムを導入することで、2006年比でCO2排出量を28%、エネルギ使用量を11%削減できる見通しだ。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る