このページの本文へ
ここから本文です

日亜化学とSeoul Semiconductor社の係争で新展開

2007年5月21日 12時9分

韓国Seoul Semiconductor Co., Ltd.製の白色発光ダイオード(LED)が日亜化学工業の国内特許を侵害するとして,日亜化学工業がSeoul Semiconductor社の日本法人などを提訴したことに関し,Seoul Semiconductor社は「日亜化学工業と争う意思はない」とのリリースを発表した(発表資料Tech-On!関連記事)。

Seoul Semiconductor社によれば,今回の訴訟の対象になっている白色LED「Z-Power LED P9」は,日本向けには米Cree,Inc.製の青色LEDチップを使っているという。Cree社と日亜化学工業は青色LEDチップなど,GaN系LEDに関してクロスライセンス契約を締結しており,Z-Power LED P9に搭載するCree社のチップは日亜化学工業の特許侵害には当たらないと主張する。

ただし,Seoul Semiconductor社が日本向けに出荷した670個のZ-Power LED P9の中に,Cree社ではなく米SemiLEDs Corp.製の青色LEDチップを使った製品が「何らかの手違いによって70個紛れ込んでいた」(Seoul Semiconductor社の日本法人であるジャパンソウル半導体)。これが原因になって,日亜化学工業が提訴に踏み切ったのではないかというのが,Seoul Semiconductor社の見解である。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る