このページの本文へ
ここから本文です

日亜化学は白色LEDに関し、Seoul Semiconductor社の日本法人を提訴

2007年5月18日 12時32分

日亜化学工業は2007年5月17日、同社が保有する特許を侵害するとしてジャパンソウル半導体と協栄産業を大阪地方裁判所に提訴した。ジャパンソウル半導体は、韓国大手発光ダイオード(LED)メーカーのSeoul Semiconductor Co., Ltd.の日本法人である。日亜化学工業が特許を侵害されたと主張する製品は、Seoul Semiconductor社が製造する白色LED「Z-Power LED P9」シリーズ。日亜化学工業は今回の訴訟で、特許侵害の差し止めと損害賠償を求める。損害賠償額は「開示できない」(同社)。なお、協栄産業は上記製品の販売代理店である。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る