このページの本文へ
ここから本文です

筑波大、親水性の物質も運べる新タイプのDDSを開発

2007年3月27日 11時39分

近年、核酸やたんぱく質など従来の低分子化合物とは構造の異なる高分子が、医薬品として利用されるようになってきている。これらの物質を医薬品として応用するには、生体内で分解されずに、患部まで届ける必要が有る。そこでこれらの物質の運び屋(ビークル)を活用した、DDS(ドラッグデリバリーシステム)の研究開発が盛んに行われている。

これまでのビークルは、主に表面の疎水性を活用したものだったため、親水性の物質を運ぶのは困難だった。そこで今回、筑波大学 生命環境科学研究科生物反応工学研究室は、ビークルとしてリポソームの内部に有る内水相と呼ばれる空間を活用することにより、親水性の高い物質を運べるようなリポソームの調製法を開発した。

今回開発したリポソームの調製法は、まずシリコン基板とガラス基板の間に高精度に作られたマイクロチャネルと呼ばれる微小流路を活用して、油中水滴型(Water inOil)エマルション(乳化懸濁液)を作製する。この方法の特徴は、非常に粒度の均一なエマルションの作製が可能なことと、機械的剪断力が不要なため、内包物への影響を軽減できることにある。こうして出来たエマルションを基材として、リポソーム構成脂質を溶解した溶媒により洗浄・置換することで、リポソームの調製に必要な脂質を含む連続相に置換する。さらに、溶媒を蒸発、除去し、外水相溶液を添加してリポソームを作製する。従来では困難であった、巨大なリポソームも作製が可能になる。

今回の研究成果は、産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)産業技術研究助成事業の助成を受けて得られたものである。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る