このページの本文へ
ここから本文です

Nokia、QUALCOMMの欧州特許失効に関し、ドイツとオランダで申し立て

2007年3月23日 11時24分

フィンランドNokia Corp.は2007年3月19日,米QUALCOMM Inc.の欧州特許が失効しているとしてドイツとオランダで申し立てを行った。Nokia社は,米Texas Instruments Inc.が欧州連合(EU)市場で供給する携帯電話機向けのチップ・セットに関して,QUALCOMM社のライセンスの特許権が消尽していると主張する。訴えは,ドイツのマンハイム地方裁判所とオランダのハーグ地方裁判所に提出された。

Nokia社は,申し立ての対象となったTexas Instruments社製のチップ・セットを同社の携帯電話機に搭載している。Texas Instruments社は,このチップ・セットに関するライセンス契約を2000年にQUALCOMM社と交わした。この申し立てが認められれば,欧州においてはこのチップ・セットを搭載するNokia社の携帯電話機に関して,QUALCOMM社は特許権を主張できなくなるとNokia社は説明する。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る