このページの本文へ
ここから本文です

三和シャッター、「おサイフケータイ」が鍵になるマンションドア発売

2007年3月1日 10時55分

三和シャッター工業は、「おサイフケータイ」を鍵として使う電子錠システム「ENTRY LOCK」(エントリーロック)に対応したマンションドアを2007年4月から販売する。伊藤忠丸紅テクノスチールと契約、提供を受ける。

ENTRY LOCKは、非接触ICカードを使った電子錠システムで、「FeliCa」に対応。データ(キーID)をおサイフケータイにダウンロードして登録すると携帯電話を玄関ドアの読み取り部にかざすだけで施錠・解錠ができる。アルファ(本社:横浜市)とKESAKAシステム(本社:東京都新宿区)が共同開発した。ICカードでも利用できる。

マンション内のネットワークに接続して、期限付きの合鍵発行、外出先からの遠隔施錠、来訪者通知などの「kesakaサービス」を利用可能。また、携帯を紛失した場合は即座に鍵機能を無効にできる。鍵データのダウンロードは有料で、現在、NTTドコモとソフトバンクモバイルの携帯電話に対応している。

三和シャッター工業は、これまでも個別に電子錠システムを提供してきたが、今回、標準アイテムに追加した。価格は未定。(鴨沢 浅葱=Infostand)

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る