このページの本文へ
ここから本文です

ホンダのバイクに見る“ジャパンクール”の本質

2007年1月29日 10時29分

「自動車や魚の絵を描いてみてください」――。こう言われたらどんな絵を描くでしょうか。読者の多くは、横から見た絵を描くでしょう。自動車だったらドアのある側面、魚ならば頭が左で尾びれが右にある絵です。

実は、幼児に同じことをさせると違う結果になります。正面から見た絵を描くことが多いのです。自動車はまだしも、魚を真正面から見た表現は、大人の私たちにはなかなか新鮮ですね。でも、実はとても自然なことなのです。人間がモノを認識する時には、モノの顔が重要な役割を果たします。カルフォルニア州立大学で教授を務めたベティー・エドワーズの研究によると10歳くらいになると、モノを記号化して脳の情報処理の負荷を節約する機構が働き始め、特徴的な角度から見た図形として省エネで処理するようになるのだそうです。目に見えるものをすべてそのままの形状で認識していると頭の中での情報処理量が大変になってしまうのです。その結果が「横から見た絵」です。

“理屈”ではなく“直感”でモノの顔を素直に表現する子供の世界観には、ものづくりの大事な要素が隠れています。大人になった私たちも、モノとつき合う時にはその顔を意識しているはずです。本来は無機的な存在であるモノをヒトに見立てることで、おつき合いしやすくしたいという心が働いているからでしょう。

私は、こうした大人にもかすかに残る“子供心”の強さこそが日本のものづくりの特長であり、強みだと思っています。このコラムの目的は、日本メーカーが日々作り出している商品をしみじみ眺め、そこに秘められた日本らしさを再検証することです。日本人や日本文化が培ってきた気質や考え方を、ものづくりに生かしている事例を紹介していきます。今回のキーワードは「顔」です。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る