このページの本文へ
ここから本文です

トヨタ、フォード提携交渉、東京で極秘のトップ会談

2007年1月9日 10時23分

トヨタとフォードが密かに提携交渉に入った――。フォード首脳2人が2006年12月に緊急来日、トヨタとトップ会談をした。米名門フォードと、世界王者が近いトヨタが結びつく狙いと経緯を徹底報告する。

世界の自動車再編に新展開/生産、環境技術で日米協力

トヨタ自動車と米フォード・モーターが、生産や環境技術など幅広い分野での協力を含めた提携交渉に入ったことが、本誌の取材で明らかになった。

トヨタの張富士夫会長と、フォードのアラン・ムラーリー社長兼CEO(最高経営責任者)、マーク・フィールズ執行副社長は2006年12月に東京都内で極秘に会談、米国を中心に世界各地での協力関係について話し合った。

フォードは2006年1~9月期で72億ドル(約8500億円)の純損失を出し、リストラの真っ最中。2012年までに16生産拠点の閉鎖・縮小と最大4万4000人の削減を柱とする再建計画に取り組んでいる。2006年12月には子会社の株式などを担保に最大230億ドル(約2兆7000億円)の資金調達を決め、復活へ踏み出す態勢が整った。生産や環境技術で先行するトヨタと提携すれば再建への大きな後押しとなる。

トヨタとの会談は、2006年9月に米ボーイングからフォードに移ったばかりのムラーリーCEOの表敬訪問という形を取りながらも、将来にわたり両社が協力できそうなテーマについて意見を交わした。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る