このページの本文へ
ここから本文です
の記事は「nikkei BPnet編集」の提供です 

宮田工業、電池寿命10年の住宅用火災警報機「ながもちけいほうくん」

2007年6月18日 11時36分

宮田工業は、住宅用火災警報機「ながもちけいほうくん」を2007年6月21日発売する。専用リチウム電池を採用して使用期間を約10年に長寿命化したのが特徴。煙式と熱式の2タイプがある。価格は各9030円。

「ながもちけいほうくん」

「ながもちけいほうくん」

煙や熱を感知すると音と光の点滅で火災を知らせる。警報音量は1mの距離で約87dB。自動復旧機能を備え、煙や熱がなくなると自動的に警報が停止する。またドライバーだけで簡単に取り付けできる。

煙式は火災の煙を検出する「TK-10K」、熱式は周囲の空気の温度が一定以上になったときに作動する「TK-10N」。設置場所によって選ぶ。本体寸法は共通で幅105×奥行き105×高さ42mm。重さは10Kが約145g、10Nが約135g。日本消防検定協会の鑑定基準合格品。

2004年6月公布の改正消防法による住宅用火災警報機の設置義務化に対応した。新築住宅は2006年6月から施行、既存住宅は市町村条例により適用期限が定められている。(遠藤 剛=Infostand)

■問い合わせ先
・宮田工業 営業企画グループ 電話0467-85-3336

■関連情報
・宮田工業のWebサイト http://www.gear-m.co.jp/

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る TRENDYnet ホームへ戻る

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る