このページの本文へ
ここから本文です
 

毎日2杯のコーヒーが肝がん予防に効く可能性

2007年6月18日 11時22分

毎日2杯のコーヒーを摂取すると、肝がんの発症リスクが約4割減少することが明らかになった。この予防効果は、肝臓関連の既往症がある場合でも同等であった。今回の成果は、スウェーデンKarolinska研究所の研究グループが複数の研究成果を解析した研究(メタ解析)の結果。成果はGastroenterology誌2007年5月号に掲載された。

これまでの研究により、コーヒーの摂取により、慢性肝炎や肝硬変に関連する酵素の濃度が下がることが明らかになっていた。そのため今回、研究グループは、これまでに発表された11の研究結果を解析し、コーヒー摂取と肝がんの発症リスクを解析した。

■さらに詳しい内容はがんナビWebサイト内のこちらでご覧いただけます。
がんナビは、がん患者さんのための情報サイトです。
※「がんナビ通信」(週刊:購読無料)を配信中です。購読申込はこちらです。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る TRENDYnet ホームへ戻る

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る