このページの本文へ
ここから本文です

バンダイ、写真や雑誌を使う大人向け缶バッジづくりセット

2006年11月16日 11時8分

バンダイは、写真や雑誌などの切り抜きからオリジナル缶バッジを作れる「Canbadge maker」(カンバッチメーカー)を2006年11月18日発売する。バッジづくりのパーツと、プレスしてバッジを作る道具のセット。価格は3150円。

「Canbadge maker」

「Canbadge maker」

2002年に発売して累計280万台以上を売った「Canバッチgood!」(カンバッチグー)シリーズがベースで、デザインと機構を大人向けに変更した。カラーはグリーンとホワイトの2種類があり、20代から30代をメインターゲットとしている。

使い方は、写真などを切り抜いてバッジパーツにセット。本体についているハンドルを回すと簡単にバッジが作れる。本体の大きさは幅115×高さ170×奥行き115mm。バッジの直径は3cm。バッジ10個分のパーツがセットになっている。追加パーツ20個分の「canbadge maker canbadge set」も893円で販売する。(遠藤 剛=Infostand)

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る