このページの本文へ
ここから本文です

ミズノ、アマチュア硬式野球用の「低反発ボール」を発売

2006年7月21日 11時41分

ミズノは、飛距離を抑えたアマチュア硬式野球用ボール「硬式野球低反発ボール」を2006年8月1日から発売する。来春から義務づけられた低反発球規格に適合するもので、まず8月1日から練習球を、10月1日から試合球を発売する。

「硬式野球低反発ボール」

「硬式野球低反発ボール」

新開発の低反発ゴムをゴム芯素材に使って飛距離を従来よりも約1.2m(100m飛んだ場合)抑えるとともに、縫い糸を麻糸から綿糸に変更して、縫い山が高い国際仕様のボールとした。

一般硬式用(高校、大学、社会人)、少年硬式用(リトルリーグ、ボーイズリーグなど)の計13種類があり、価格(税込み)は420円~1155円。

低反発球は、少年野球から社会人まで、すべてのアマチュア野球に2007年のシーズンインから義務づけられている。プロ野球での採用を受け、2005年9月、アマチュア野球団体で組織する「硬式野球ボール規格検討懇談会」が導入を決めた。(遠藤 剛=Infostand)

■問い合わせ先
・ミズノお客様相談センター 電話0120-320-799

■関連情報
・ミズノのWebサイトhttp://www.mizuno.co.jp

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る