このページの本文へ
ここから本文です

日本語版のUbuntuに新版が登場、収録されたFirefoxが3.0の正式版に

2008年7月29日 8時57分

Ubuntuの日本語版を開発するUbuntu Japanese Teamは2008年7月26日、最新Linuxディストリビューション「Ubuntu 8.04.1 LTS 日本語ローカライズドDesktop CD」をリリースした。Ubuntu 8.04.1は、5月公開の「Ubuntu 8.04 LTS」のメンテナンス・リリース。メンテナンス・リリースとは、収録ソフトウエアをアップデートしたインストール・イメージを定期的に更新すること。Ubuntuプロジェクトは7月上旬に、8.04.1の英語版をリリースしていた。

8.04.1では、8.04でベータ版だったWebブラウザのFirefoxを、3.0の正式版にアップデートした。このほか、200個以上のパッケージを更新している。

Ubuntu 8.04.1 LTS 日本語ローカライズドDesktop CDのイメージ・ファイルは、次のURLからダウンロードできる。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る