このページの本文へ
ここから本文です

Linuxの開発プラットフォーム「openSUSE Build Service 1.0」を公開

2008年7月10日 15時14分

Linuxディストリビューションの開発を進めるopenSUSEプロジェクトは米国時間2008年7月9日、開発プラットフォーム「openSUSE Build Service 1.0」を公開した。初のメジャー・リリースとなるバージョン1.0では、開発者がopenSUSEのコードのレポジトリに直接アクセスできるため、合理的な方法でコードを提供できるようになるという。

Build Serviceでは、openSUSEやその他のLinuxディストリビューション向けにオープンソース・ソフトウエアを開発・公開するためのツールを提供する。最新版は、パッケージ検索や品質管理などの機能を改良したほか、サブミッション処理/通知システムを導入した。また、より規模の大きなプロジェクトにも対応できるようになったという。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る