このページの本文へ
ここから本文です

シスコのネットワーク技術者資格試験、日本語版を12月から開始

2007年10月31日 11時33分

米シスコは、同社のネットワーク技術者資格「CCNA」「CCENT」の教育カリキュラムおよび試験を世界各地の言語に対応する。日本語版については2007年12月1日からで、このほか簡体字中国語版が12月8日、スペイン語版が12月28日から、ロシア語版については2008年1月11日に開始する。CCNAの現地語対応は、フランス語と韓国語でも予定されており、2008年早々に開始の予定である。

加えて、同社の資格試験を支援する教育機関のピアソンVUEは、世界各地への拠点の拡大を発表した。2008年1月からは69の試験施設を中国に追加、これにより中国の施設数は合計で211となる。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る