このページの本文へ
ここから本文です

「ヘンタイゲーム」はいかが?――新たなウイルスメール出現

2007年10月9日 15時54分

セキュリティベンダーであるフィンランドのエフセキュアは2007年10月5日、新たなタイプのウイルス添付メールが出回っているとして注意を呼びかけた。アダルトアニメ(英語では「hentai(ヘンタイ)」)のゲームに見せかけて、添付したウイルスを実行させようとする。

今回報告されたウイルスメールに添付されるファイルの名前は「hent.zip」。「hentai」から取った名前だと考えられる。このファイルを展開すると、実行形式ファイルが生成される。これがウイルスの実体。同社のセキュリティ対策ソフトでは「W32/Agent.DTH」として検出される。このウイルスは「ダウンローダー」と呼ばれるタイプで、実行されると、インターネット上から別のウイルスをダウンロードして感染させる。

エフセキュアによれば、hent.zipを添付したメールには複数のパターンがあるという。同社では、典型的な例を紹介。例として挙げているメールの件名は、「Here is it(これです)」。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る