このページの本文へ
ここから本文です

米アップル、Vistaに対応した「Boot Camp 1.2」ベータ版を公開

2007年3月29日 15時2分

米アップルは2007年3月28日(米国時間)、米インテル製CPUを搭載したMacintosh上でWindowsを動作させるソフトの新版「Boot Camp 1.2」のベータ版を公開した。同社のWebサイトからダウンロードできる。Windows Vista(32ビット版)に正式に対応したことが最大の特徴。日本語のWebページは3月29日時点でBoot Campのバージョンを1.1.2と記載しているが、ダウンロードを実行すると1.2を入手可能。日本語版のドキュメントも付属する。

オーディオ、グラフィックスなど複数のドライバーの更新、音楽再生ソフト「iTunes」や「Windows Media Player」を離れた場所から操作できるリモコン「Apple Remote」への対応などを実現した。Windowsのタスクトレイに、Boot Campの情報に簡単にアクセスできるアイコンを用意したり、韓国語や中国語、ロシア語などのキーボードへの対応を強化したりといった改善点もある。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る