このページの本文へ
ここから本文です

日ロ間に新海底ケーブル、NTTコムが現地事業者と合意

2007年2月28日 14時7分

NTTコミュニケーションズ(NTTコム)とロシアの通信事業者トランステレコムは2月27日、日本・ロシア間に光海底ケーブルを建設することで合意したと発表した。

北海道石狩市とサハリン州ネベルスク市のおよそ500kmを結ぶ「HSCS」(Hokkaido-Sakhalin Cable System)を共同で敷設する。2007年末をめどに完成させる計画だ。伝送容量は最大640Gビット/秒。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る