このページの本文へ
ここから本文です

NTT東日本とドコモ、陸上自衛隊が災害時の通信確保訓練を実施

2007年2月23日 10時23分

NTT東日本とNTTドコモ、陸上自衛隊東部方面隊は2月22日、朝霞駐屯地内で共同実働訓練を実施した。災害発生時に、被災地の通信を確保するための連携強化が主な目的だ。

今回は、首都直下地震の発生により被災地への道路が倒壊した建物などで遮断し、通信確保のための災害対策機器を陸路で運べない状況を想定した。訓練の内容は、(1)ポータブル衛星装置や可搬型発電機などの災害対策の通信機器を大型ヘリコプターで搬送、(2)災害対策機器による避難所の通信確保や携帯電話充電サービスの実施、(3)NTTドコモの携帯電話基地局の電源救済、(4)災害派遣された陸上自衛隊用の通信回線の確保――など。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る